のりで貼るタイプ・壁紙の貼り方 - 壁紙のDIYならROOM ART

10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります

壁紙のDIYならROOM ART

  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

  • 10,000円以上お買い上げで商品が送料無料になります
  • 0522657128
  • 受付時間 9:00−17:00 土日祝定休

壁紙のDIYならROOM ART

  • オリジナル壁紙を作ろう
  • 塗り絵壁紙

壁紙の検索

取り扱い商品一覧

カラーから選ぶ

のりで貼るタイプの壁紙の貼り方

のりで貼るタイプの壁紙

のりで貼るタイプの壁紙
伸縮が小さく丈夫な素材です。

デザインを選ぶ

専用のり(弱粘糊)

専用のり(はってはがせる糊)

ROOMARTで購入出来る道具

ROOMARTで購入出来る道具

  • 施工道具6点セット
  • 施工道具

ご家庭で用意して頂くもの

ご家庭で用意して頂くもの

下準備

STEP1下準備

コンセントのカバーをはずす
コンセントのカバーをはずす
コンセントやスイッチは壁紙を貼るときの障害物になります。まず、一番上のカバーを外し、ドライバーを使って内側の部分も外しておきます。
接着面を掃除する
接着面を掃除する
貼る面は汚れや汚れ、水滴があるとキレイにくっつかないため、しっかりと掃除をしておきます。
マスキングと新聞紙で汚れ防止
マスキングと新聞紙で汚れ防止
マスキングテープと新聞紙を敷き、床が汚れるのを防ぎます。市販のマスカーを使用しても良いでしょう。

STEP2垂直を測る

糸を吊るし印をつける
糸を吊るし印をつける
一枚目の壁紙を貼り始める所から五円玉に糸を結び付けたものをマスキングテープ等で止め、吊るし垂直を出しておきます。
印をつける
印をつける
への地ベラと鉛筆を使用し、垂直が分かるよう糸に沿って30cm毎に印を付けておく。

STEP3糊を塗る

糊を出す
糊を出す
ローラートレイに糊を出します。専用のりは、水で薄める事なくそのまま使う事が出来ます。
壁紙1枚分ローラーを使って糊を塗る
壁紙1枚分ローラーを使って糊を塗る
先ほど印を付けた所から壁紙1枚分より少し広めに、のり用ローラーを使ってのりを伸ばしていきます。
塗りにくい所はハケで塗る
塗りにくい所はハケで塗る
角や端はローラーではキレイに塗る事が出来ないので、ハケを使ってキレイに塗ります。

STEP41枚目の壁紙を貼る

印に壁紙を合わせる
印に壁紙を合わせる
STEP2で付けた垂直の印に合わせて、上から下まで壁紙を垂直に合わせていきます。
なでバケで空気を抜く
なでバケで空気を抜く
なでバケを使って空気を外へと抜くイメージで、圧着させていきます。ずれてしまったら丁寧に剥がし、貼り直します。なでバケの代わりにスキージーを使用しても良いです。

STEP52枚目の壁紙を貼る

壁紙2枚目分の糊を塗る
壁紙2枚目分の糊を塗る
1枚目を貼る時と同じ様に、2枚目の幅分の糊を塗ります。
2枚目の壁紙を貼る
2枚目の壁紙を貼る
2枚目の壁紙を上部から合わせてゆく。
1枚目と2枚目の柄を合わせる
1枚目と2枚目の柄を合わせる
2枚目は1枚目と柄を合わせます。1cm程絵が重なるように壁紙が出来ているので重ねて合わせます。
スキージーで圧着
スキージーで圧着
一枚目同様、なでバケを使って壁紙を買っていきます。この時合わせた柄がずれないように後に貼っていく方向へと空気を抜いていきます。

STEP6ジョイント(継ぎ目)処理

※ジョイント(繫ぎ目)はカットせずに重なったままでも問題はありませんが、更にキレイな見た目に仕上げたい場合やDIY上級者の方は是非、挑戦してみて下さい。

ジョイント部をカット
ジョイント部をカット
壁紙が重なった部分の端から5mm程の位置にへの地ヘラをあて、ヘラに沿って2枚分の壁紙を切っていきます。このとき、カッターは壁から放さずヘラをスライドさせて上から下まで切ります。
切った壁紙を取り除く
切った壁紙を取り除く
上の重なった側の壁紙の切れ端を取り除いていきます。上の壁紙を少しめくり、下の壁紙の端を取り除きます
継ぎ目をジョイントローラーで圧着
継ぎ目をジョイントローラーで圧着
壁紙の境目をジョイントローラーを転がして圧着します。ジョイント部は剥がれやすいのでしっかり圧着します。

▼コチラをご覧下さい▼

  • 初心者セットで壁紙を貼ろう
    初めて壁紙DIYをするという方はコチラをチェック!
  • シールタイプ壁紙の貼り方
    スキージーひとつで貼れるシールタイプ壁紙!

トップへ